どっちがお得?脱毛器で自己処理VSサロン脱毛

いざ、脱毛したいと思っても、クリニックやサロンでの脱毛は費用がかかりそう!

その点、家庭用脱毛器は手軽な値段で、一人だけでなく家族みんなで使うことができ、経済的。

そう思って脱毛器を探し始めてわかったこと。

実は考えようによっては、脱毛サロンが一番安く済むんです!

意外ですよね?

安く通えるのなら、手間のかかる脱毛器より、脱毛サロンの方が絶対に良いに決まってます!

今回は、なぜ脱毛器よりサロンの方が安いのか、その理由を紐解きます。

両方を比較し、ご自分に合ったやり方を見つけてみてくださいね!

脱毛器の種類から考える

まずは脱毛方法から、両者の比較をしていきましょう。

それぞれのメリットとデメリット、また、クリニックやサロンと家庭用脱毛器との違いを紹介します。

 レーザー式

レーザー(光)を照射して、毛母細胞を破壊し、毛が生えてこないようにします。

医療レーザー脱毛

クリニックや美容皮膚科で、主に取り扱われる機器です。医療行為に分類されていることでわかるように、高出力のレーザーで施術をしていきます。

効果は絶大。痛みに関しても、お医者さんが施術するため麻酔の使用が可能。

ただ、保険適用外の医療行為となるので、決して安くはないというのが、デメリットです。

家庭用レーザー脱毛

医療機関で取り扱っている機器と、原理的には一緒ですが、医療用と比べ、かなり出力の低いタイプになっています。

家庭用機器の中では、一番脱毛効果が期待できますが、照射範囲が狭く、時間や手間がかかってしまううえ、痛みを伴います。

 フラッシュ式

レーザーと同じく毛母細胞を破壊することにより脱毛の効果を狙うのですが、レーザーと違うのは出力。医師ではなくスタッフが扱うことからわかるように、かなりの差があります。そのかわり、広範囲の施術が可能であり、痛みも弱くて済みます。

フラッシュ/光脱毛

サロンの主流となっている機器です。照射範囲が広いので高速脱毛が可能。一回のサロン滞在時間は平均30分~50分と、手軽に施術が受けられます。また、痛みも比較的少なく、料金も低価格に設定してあるところが多いです。レーザー式に比べ、脱毛完了まで時間がかかるのが欠点です。

家庭用

家庭用タイプの機器の中では一番照射範囲が広いのが特徴です。サロンの機器と原理的は一緒ですが、こちらもまた、出力はだいぶん抑えられています。そのため、脱毛完了までには、かなり期間を要してしまうのが、デメリットと言えます。

ニードル脱毛

針を毛穴一つ一つに刺し、そこから電流を通すことで、毛根にダメージを与えるものです。唯一、永久脱毛という枠で認められています。

一昔前の脱毛はこれが主流でした。唯一の永久脱毛というだけあって、効果は絶大です。

しかし、一つ一つの毛根を潰していくことから、施術時間は長く、かなりの痛みを伴うことがデメリットです。覚悟を持ってトライしないと、途中で諦めてしまうことになるかもしれません。

大手の美容整形外科などで取り扱っています。

家庭用機器は、現在では質の悪い外国製が出回っているだけのようです。

サーミコン式

機器から発せられる熱線が、毛に接触することで、毛をカットするというタイプです。

痛みや熱さといった心配はないものの、効果としてはカミソリと一緒です。

脱毛器というより、除毛器ですね(;^_^A

痛みや熱さは感じない仕組みなので、安心して使うことができますが、除毛なので脱毛は出来ず、繰り返し処理をする必要があります。

 

脱毛は肌にとってはダメージのある行為。プロのように知識のある人が扱わないと、肌トラブルになってしまいます。

そのため、出力が大きく効果の高い機器はプロ用、逆に、私たちが扱える機器は、出力が低く、効果も低いけど、安全第一の機器となるというわけです。

 

 

9つのポイントから見る家庭用脱毛とサロン脱毛の比較

脱毛に使う機器が分かったところで、家庭用脱毛とサロン脱毛を、実用的な観点から、比較してみます。

比較ポイントは、9つ。

  1. 価格
  2. 効果
  3. 脱毛にかかる時間・期間
  4. 痛み
  5. 肌トラブルと安全性
  6. 仕上がり
  7. 脱毛部位
  8. 手軽さ
  9. 勧誘

ひとつずつチェックしてみましょう。

① 価格

家庭での脱毛となれば、まずはその機器を、購入しなくてはいけません。その肝心な機器本体の価格は、1万円から10万円近くと幅も広く、様々なタイプがあります。自分の希望に応じたものを選ぶことができますが、難点は、本体にプラスして、付属の消耗品、専用ジェルやカートリッジといったものの買い替えが、必要になること。物によっては、消耗品の定期購入が必要なとも。初期購入時に考えていたよりも、案外とお金がかかるというのが実状です。

対して、サロン脱毛。

サロン脱毛は今が底値です!月々990円から全身脱毛をやってくれるサロンもあります。

※参考サロン【コロリー】

rattat

クリニックのレーザー脱毛も、昔に比べるとグンと安くなりました。

全身はまだ2~30万円かかってしまいますが、月額方式や分割払いを取り入れている所も多く、自分の払いやすい値段設定が可能です。

また「ワキは¥1,000」など、特定の場所について激安キャンペーンを用意しているところもあります。

一番気になる価格については、最終章でもう一度、詳しくみていきますね!

② 効果

脱毛効果はクリニックのレーザー脱毛がダントツです。

肌の仕上がりの満足度では、サロン脱毛が一番!家庭用機器は出力が弱いので、すぐに効果を感じにくいようです。

ただ、美肌機能付きの機器があり、肌質に関してはサロン同等の効果が得られるものもあります。

③ 脱毛にかかる時間・期間

1回の施術時間の平均をみていきましょう。

クリニック・・・80分
サロン・・・・・40分
家庭・・・・・・60分

クリニック・サロンでは待ち時間を含めた時間、家庭用機器は準備と後処理を含めた時間です。

脱毛完了と感じるまでの平均期間は

クリニック・・・1年
サロン・・・・・2年
家庭用機器・・・3~4年

となっています。

④ 痛み

出力が高いほど痛みが強くなります。

したがって、家庭用機器が一番痛みを感じにくくなっています。

とはいえ、痛みを感じる、感じないはその日の体調や、個人の肌質でもかわってきます。

冷やしながら施術を行うことで、だいぶん痛みは軽減されます。クリニックにおいては、麻酔注射で痛みを軽減することも可能です。

⑤ 肌トラブルと安全性

家庭脱毛器自体は、安全性も高く、肌トラブルになりにくいよう、出力も低くなっています。

とはいえ、必要な備品を長期交換しなかったり、肌の状態をチェックせず処理してしまったりと、アフターケアを忘れたり、使い方次第では痒みややけどを引き起こすことがあります。

その点、医師の手で行われるレーザー脱毛では安心して身を任せることができます。

サロン脱毛も、少しでも赤みがあったりすると施術を取りやめたりと、安全性に関しては徹底しています。

⑥ 仕上がり

家庭用機器では、照射時間、角度などでどうしてもムラができ、クリニック・サロンのプロの施術とはどうしても差が出てしまいます。

また、サロン脱毛や一部の家庭用機器では、美肌効果がプラスでついてきます。

一度に脱毛と美顔の両方がケアできるのは、嬉しいですよね!

⑦ 脱毛部位

家庭用脱毛器で気をつけたいのが、ココ!

基本的に、自分の手の届く範囲しか、脱毛できません!背中なんかは、家族に手伝ってもらう必要があります。

また、肌トラブルの可能性も考慮して、安全性の面から、顔やVIOの脱毛はできません。

対して、サロンやクリニックでは、施術できない部位はありません。自分では手の届かないところや、デリケートなVIOでもしっかり脱毛できます。

⑧ 手軽さ

手軽といえば、家庭用脱毛器が一番!

家でできるので、外出する手間もかかりませんし、好きな時に、やりたい箇所を、それこそTVを見ながらでも、行うことができます。

が!

準備から施術、肌のアフターケアや機器のメンテナンスまで、自分で行わないといけないことを忘れがち。

予約して外出しなくてはいけないという点、そして生理や予定とスケジュールを合わせるのが煩わしい点を除けば、クリニックやサロンでは、下準備さえしておけば後は寝てるだけという手軽さです。

⑨ 勧誘

一昔前はクリニックやサロンでは無料やキャンペーンで来店を促し、勧誘にて本契約というのが当たり前でした。中には悪質な勧誘もあり、そういう所だけがクローズアップされ、脱毛サロン=勧誘というイメージがついてしまっています。

ですが、現在ではそういったところはほとんど見られなくなりました。ただ、コースやプラン紹介などの話は、必ずあります。スタッフの伝え方や、受け取り方によっては、不快だと感じてしまうこともあるかもしれません。

言わずもがな、家庭用脱毛器では勧誘とは無縁。自分のペースで安心して脱毛できます。

 

それぞれ、できることもあれば、できないこともあったり、良いなあと思う点もあれば、微妙だなあと思う点もありますね!薄っすらと見えてきた違いを、よりハッキリさせていきましょう♬

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器の最大のメリットは自由度の高さ、対してデメリットはケアが不十分であることと付属品に出費がかさむという点です。

*メリット*

好きな時に、気になる部位を、回数制限なく、処理できるのは嬉しいポイント!

わざわざ、外出する必要もないですし、前もって予定を空けておく必要もありません。思い立った時に、処理する範囲や回数も納得いくまで出来ちゃいます。

ワキやVゾーンなど、恥ずかしい場所も気兼ねなく処理できるのも魅力ですよね!

出力が低く、自分で強さの調節ができるので、痛みに対する安心度が一番高い方法です。

*デメリット*

自分で行う処理なので、どうしても、手の届かないところ・やり難い部位、見えにくい場所というものが出てしまいます。そんなやりにくい部分を無理して処理すると、照射ムラができてしまったり、やけどや赤みなど肌トラブルに陥ってしまったりします。

冷却や保湿、さらには機器のお手入れ等、準備やアフターケアを自分で行わなければならない、面倒くさもデメリットのひとつ。

さらに、見落としがちな機器の使用に必要な付属品の購入。満足のいく脱毛まで何回も取り換えが必要になりますが、専用カートリッジは意外と高額なので注意が必要です。

クリニック・サロンのメリットとデメリット

次は、サロンでの脱毛に対してのメリット・デメリットを探ってみましょう。

*メリット*

なんといっても、やはり、プロの手で施術してもらえるということは、最大のメリットです。施術中は横になり寝ているだけ。

プロの技術で、高機能な機器を使っての脱毛ですから、仕上がりは万全!肌の状態や個人の毛質に合わせた施術から、ケア用ローション・クリームの調整まで、豊富な知識と経験から、それぞれに合わせて行ってくれます。

また、効果が高いので、家庭用機器に比べて脱毛完了までの時間や期間も短くてすみます。

最近は料金も安くなり、学生でも手が届くくらいになってきました。

*デメリット*

予定を立てて、予約をとり、施設まで出向かないといけないということが、面倒な点です。

急遽予定を変更しなくてはいけない時など、スケジュールが噛み合わないと、だんだん足も遠のいてしまって、処理が進まないなんてこともあり得ます。

また、より回数の多いコースや高いプラン、希望以外の部位の脱毛などを勧められるといった勧誘に、不安を覚える方も多いです。

自分にあった脱毛方法は? タイプ別おすすめ

家庭用脱毛器のとクリニック・サロン脱毛のメリット・デメリットを見たことで、それぞれの特徴が、より鮮明になったのではないでしょうか。

高額だと思っていたクリニックやサロン脱毛も、サロンならば、一回ランチに行く気軽さ。

今度は、それを踏まえた上で、どちらが合うのかを考えていきましょう。

自分が「何を一番に重視しているか」を考えてみてくださいね!

家庭用脱毛器の方が向いているタイプ

次の5タイプのような方には、家庭用脱毛器の方がおすすめです。

★恥ずかしがりな方
デリケートゾーンはもちろん、素肌を他人に触れられることに抵抗のある方です。

★自由度重視の方
お仕事上、予定を立てにくかったり、自分の気が向いた時に処理したいと考える方です。また、処理範囲や回数、時間や期間も、自分が納得がいくようにやりたいと思っている方です。

★近くにサロンがない方
遠くて、わざわざ時間とお金をかけて通うのは、とても大変という方です。

★家族などと複数人で使用する方
共有して、手の届かない所も施術し合おうと考えている方です。また、コスト面から、1人分の価格を抑えるために、共有しようと考える方もそうです。

★断る事が苦手な方
どうも、何でも勧められる通りにしてしまったり、自分の要望を上手く伝えることができない方です。

クリニック・サロン脱毛が向いているタイプ

次に、サロン脱毛をおススメする方はというと。

★しっかりとキレイな脱毛をしたい方
プロの施術で、きちんと脱毛したいと考える方や、仕上がり具合を重視している方です。

★肌が弱い方
自分の肌にあったやり方を希望していたり、プロと相談しながら進めていきたいと考える方です。

★面倒なことが苦手な方
キレイになりながら、身体もリラックスしていたい方や、こまめに、自分で処理するのが大変だなと考える方です。

★万一の肌トラブルに不安を感じる方
医療機関と連携していた方が安心と思う方や、肌トラブルには、しっかりしたケアを望む方です。

★背中やIOゾーンなどの脱毛をしたい方
手の届かない所や、デリケートゾーンなど、自分一人では処理できない箇所の処理を考えている方です。

このような方は、クリニックやサロンを検討してみてください。

納得のいくキレイな仕上がりと、プロの施術という安心感が得られるはずです。

 

それぞれのメリット・デメリットと、自分がどこにこだわっているのかを突き合わせてみると、どちらが自分に向いているか、見えてきたのではないでしょうか?

費用を考えたら実はサロン脱毛の一択!

脱毛で一番気になるポイントは価格面!

ここで、もう一度価格面から、比較していきましょう。

私の場合、家庭用脱毛器を探し始めたのは、安く済ませたかったから。

ですが、検証していくと、一番安く済むのはサロンだとわかりました。

全身を脱毛完了まで脱毛するとして、それぞれの価格幅はというと、

  • 家庭用脱毛器・・・本体1万~12万円+カートリッジ5,000~15,000円)×交換回数分
  • 医療脱毛(クリニック)・・・25万~30万
  • サロン脱毛・・・・12万~25万

完全に脱毛が完了するまで、クリニックでは10回ほど、サロンでは20回ほど通う必要があり、値段はそれを想定したものです。

これだけを見ると家庭用脱毛器が安く感じますが、出力の低い家庭用脱毛器では、脱毛完了までかなりの回数が必要です。つまり、かなりの数のカートリッジが必要になるんです!そのカートリッジも、けっこうなお値段。結果的に医療脱毛と変わらないほどの費用がかかってしまうことも。

そう考えると、サロンでの脱毛が一番お得!

例えば、ミュゼプラチナムならこんなキャンペーンをしています。

ミュゼプラチナム

上手に活用すれば、家庭用脱毛器よりも、よっぽど安い値段で脱毛できてしまいます。

そうなると、トータル金額というのは、サロンと家庭用脱毛器とでは大差はなく、むしろ、サロン脱毛の方が安上がりになることも。

いつでもどこでも出来るという自由さでは負けますが、費用、仕上がり、肌への負担、何よりプロの手で施術してもらえるという安心感!から考えるとサロン脱毛一択です。

まとめ

脱毛方法、メリットデメリット、タイプ別おすすめと様々な角度から、脱毛器とクリニック・サロン脱毛を比較してみました。

選ぶポイントは「自分が何に一番こだわっているか」につきます。

痛さ、自由度、極度の人見知りが心配な場合は、家庭用脱毛器で自己処理を。

料金、仕上がり、期間に重点をおくなら、サロン脱毛。

とにかくはやく脱毛完了したい場合でしたら、クリニックでの脱毛がおすすめです。

クリニック・サロンでは無料体験を実施しているところもあるので、利用してみるのも良いかもしれません。

私は「料金」の一択で、サロン脱毛のミュゼプラチナムでワキとVゾーンを脱毛しました。8回目を終えた今では処理は全くしないでOK。気になっていた黒ずみもいつの間にかきれいになって、いつでもバンザイできる状態です♬

あなたもぜひ、心地よく続けられる脱毛方法を見つけてくださいね!

ミュゼ