【ムダ毛処理】剃るのと抜くのとどっちがいいの?おすすめは?

 

ムダ毛の処理、みんなどうしてるか気になりませんか?

「剃る」「抜く」「脱毛する」

色々な方法があるけれど、直接きくのはなんとなく気まずいもの。

「剃ったら増える」「抜くと増える」

こんな噂も、聞いてしまうとこのまま処理を続けて良いのか不安になってしまいますよね!

ワキ毛、腕の毛、足の毛、デリケートゾーンの毛、ムダって言われてるぐらいなんだから生えてこなくていいのに…(T-T)。

ムダ毛の自己処理は、世の中の女子全員の悩みの種です!

体毛が濃い方と自覚がある私は、人一倍、ムダ毛処理に時間とお金を費やしてきました。

目についたものは全てトライ!

色々な処理方法を試した結果、辿り着いた先は・・・?

友達には訊きにくい、ムダ毛処理のすべて、おススメの方法、お答えします!

ムダ毛の自己処理方法【メリット】と【デメリット】

ムダ毛の自己処理方法は「剃る」「溶かす」「抜く」の3通りあります。

それぞれのメリットどデメリットをみていきましょう。

1.剃る(シェービング)

一番オーソドックスな方法です。

電気シェーバーは剃り残しが多くなるので、T字カミソリを使う方が良いです。

二枚刃、三枚刃と複数の刃のものが多く出ていますが、刃の数が多いほど肌への負担も大きくなるので、使うなら一枚刃。

肌を痛めにくいガードが付いたタイプを選びましょう。

肌を濡らし、石鹼やシェービングクリームで滑りやすくしたら、毛の生えている方向の逆から剃ります。

ワキは毛の向きがマチマチなので上、下、斜めから、と色んな方向から刃を当てると、剃り残しが減ります。

【メリット】

なんといっても、思い立ったその場で処理ができる手軽さが良いですね!

急なお出かけや、「やばい!」と思った時にはもってこいです。

【デメリット】

カミソリでのムダ毛処理はどんなに丁寧に行ったとしても、角質層を削り取ってしまうので、肌に負担がかかります。

皮膚を切ってしまうことも多く、傷が残ったり、傷ついた毛穴が異常を起こしたりします。

剃った毛の断面は鋭くなっているので、剃り跡はチクチクします。

カミソリの刃の替え時は2週間~1ヶ月です。サビや汚れが残った刃では剃り残しや肌トラブルのもと。マメに交換しましょう。

2.溶かす(除毛クリーム)

薬品で毛を溶かして処理する方法です。

塗り広げる→数分放置→洗い流す

という簡単なステップで毛がなくなります。

誤解されやすいのですが、毛が少なくなるというものではありません!

市販されている除毛クリームのほとんどが、毛を剃りやすくするという事が目的なので注意しましょう。

【メリット】

塗るだけなので、手軽に使うことができます。

ケガの心配がないのでカミソリが苦手な人におすすめです。

溶かしているので剃った時のように、チクチクしません。

【デメリット】

毛を溶かすほどの強力な化学薬品です。その分肌や毛穴にダメージが残ります。

シェービングと同じ、毛の見えている部分を処理するだけなので、すぐにまた毛が伸びてきます。

3.抜く(ワックス・脱毛テープ・毛抜き)

温めて柔らかくなったワックスや、粘着性のあるシートを毛と密着させて抜く方法と、毛抜きで1本1本引き抜く方法。

どちらも、毛根から毛を引きはがします。

皮膚の表面にある毛だけの処理とは違い「毛を抜く」という点でカミソリや除毛クリームよりもムダ毛がない期間が長くなります。

【メリット】

表面の毛だけでなく、毛根から引き抜くので次の処理まで期間が長く保てます。

毛穴から毛がなくなるので、処理後に黒い点々が残りません。

【デメリット】

固形のワックスは手順が面倒、シートワックスは威力が弱い、毛抜きは時間がかかる、

と、それぞれ違った特徴がありますが、共通するのは、「とにかく痛い!」

抜いた毛は数週間から数か月の間は生えてきませんが、別の毛穴から新しい毛が生えてくるので結局はマメに手入れをしないといけません。

毛を引き抜いた毛穴は大ダメージを受けているので肌トラブルを起こしやすくなります。

実はどの方法も肌にはヤバい!

ムダ毛の自己処理を続けていた私、肌はホントかわいそうなほどガサガサで黒ずみ、毛が皮膚に埋もれ…((T_T))。トラブルが絶えませんでした。

実は、上記で紹介した方法全て、肌に負担をかけています!

【デメリット】の部分に着目してみてください。

このデメリット、一回ぐらいなら何でもないわ、と思っていても数年続けば取返しのつかない結果に繋がります!

 

取返しのつかないことって何!?

自己処理を続けると何がヤバいの!?

ムダ毛の自己処理は危険!

前章で触れた通り、自己処理法はどれも肌に負担がかかります。

それどころか、毛を減らすための処理なのに、逆に毛を増やしている場合もあります。

肌と毛へのダメージを知っておきましょう!

「剃る」「抜く」で毛が増える⁉

「剃ったら増える」「抜くと増える」

これには諸説あり、本当かウソかの決着はいまだについていません。

ウソ派

  • 自己処理を始める10代、この時期の身体は、成長と共にムダ毛も急速に増えていくから増えたように感じる
  • 剃った場合は毛の断面が広くなってしまうので、濃い毛が生えてきたように見える

ホント派

  • 自己処理で肌や毛が傷つくと、身体は「攻撃」と受け取り、肌や毛を守ろうとして体毛を濃くする
  • 成長期の毛を無理やり抜くと、抜かれた毛の元にある細胞が引っ張られて分裂してしまい、1つの毛穴から2~3本生える

どちらも事実ですし、納得がいきます。

でも・・・結果的には、どっちも「増えてる」「増えたように見える」じゃん!

本当かウソはさておき、自己処理で「増える」「増えたようにみえる」ことには違いありません。

肌へのダメージは深刻

「剃る」「溶かす」「抜く」が肌にどんなダメージを与えるか、見ていきます。

剃る

カミソリの刃は毛だけでなく、肌の角質を削ぎとっています。

肌の表面の「皮脂膜」と「角質層」は肌バリアとも呼ばれ、外からの刺激や体内の水分の蒸発を守っています。

ここがなくなると、新陳代謝に影響を与え、肌荒れや肌のくすみ、黒ずみに繋がります。

溶かす

ほとんどの除毛クリームにはアルカリ性の薬剤が含まれています。

この薬剤が毛のたんぱく質に反応し、毛を溶かすのですが、肌も毛と同じくたんぱく質。

毛だけでなく、肌も一緒に溶かしています。

除毛クリームを使って、炎症を起こしたり、乾燥したりするのは、これが原因です。

抜く

抜くと毛穴が傷つきます。そこに汚れや雑菌が入り込むと炎症を起こします。

これは毛嚢炎( もうのうえん )と呼ばれ、見た目はニキビみたいですが、酷い時には膿がたまり、おできのように腫れてしまうことがあります。

毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側や毛穴の中で伸びる埋没毛(埋もれ毛)も、抜くことで起こるトラブルです。

皮膚の中にうっすら見える毛は決して見栄えの良いものではありませんし、そこから膿むこともあるので良いことはありません。

 

肌も傷つき、毛も増えてしまう自己処理は、良いことが一つもないじゃないですか!

それでも毛は生えてきますっ!!処理をやめたらジャングルです!

どうしたら良いの???

おすすめの処理方法は「脱毛」

自己処理を続けても、毛はなくならないですし、肌を傷め続けることになります。

これを、あと何十年も続けていかなければならないなんて・・・ゾッとしますね!

そこで、おススメしたいのが「脱毛」です。

一度手入れすれば、その後ずっと無毛!ムダ毛処理のストレスから永遠に開放されます!

新しい技術の導入と低価格化で、脱毛はとても身近なものになりました。

最新の脱毛事情を紹介します!

脱毛と自己処理はココが違う

自己処理では、いくら抜いてもまた毛が生えてきますが、「脱毛」すると、そこの部分はもう毛は生えてきません。

なぜでしょう?

毛を抜いただけでは、毛を作る「毛細胞」が残り、また新しい毛を作り始めますが、脱毛では、その「毛細胞」を破壊してしまうからです。

「毛細胞を破壊」ときくと、何だか恐ろしいような響きがありますが、方法はとても簡単。

レーザー光を当てるだけです。

新しい技術で脱毛が簡単に

ひと昔前の脱毛は毛1本1本に電気を通す「ニードル法」が使われていましたが、今ではレーザー光が主流です。

レーザーの熱で毛細胞を破壊していきます。

そのレーザ光も、お医者さんしか扱えないような高い出力のものばかりでしたが、今では弱い出力を数回当てる脱毛法(フラッシュ脱毛・光脱毛)も確立され、おかげで誰もが低価格で気軽に脱毛できるようになりました。

フラッシュ(光)脱毛は出力が弱いので、レーザー光独特のはじかれるような痛みもなく、火傷やシミができることもありません。

1回の施術も10分程度と短くなっています。

この技術の進歩で、時間や痛みが減っただけではありません。値段もグッと減りました!

実は脱毛が一番安上がり

カミソリ、クリーム、ワックスなどを使うと、必ずランニングコストがかかります。

この中で一番安く済ませれるカミソリでも

女性用カミソリ、替刃200円/1枚 を二週間ごとに交換していくと、替刃だけで

30年間で14万4千円!

ホルダーやローションなども合わせると軽く20~30万円かかります。

これに対して、脱毛は最安値と言われるサロン(ミュゼプラチナム)では

両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース(完全に脱毛できるまで回数・期間無制限)¥2,400

30年間で¥2400だけです。

おまけに、一生のうちの1~2年、2~3ヶ月に1度の割合ですから、10回ほど通うだけ。

ミュゼプラチナム

また、話題の脱毛サロン、コロリーだと、月々たったの¥980で、全身の脱毛が可能!

4,980円コース

たったの1万円ほどで完全に脱毛できます。実は脱毛が一番安上がりだったんですね!

脱毛で肌が以前より綺麗になる⁉

脱毛サロンで扱う脱毛が「美容脱毛」といわれているのは知っていますか?

肌を傷つけない方法で脱毛するのはモチロンのこと、美肌まで考えたケアをしてくれます。

毛がなくなるだけでなく、以前より肌が綺麗になるという嬉しいオマケ付き💕

自己処理で傷んでしまった肌も、ツルツルのスベスベへ。

負担がなくなるので、黒ずみも解消されていきます。

 

脱毛って高くて手が出ないイメージがありましたが、調べてみたら、ホントに安くてビックリ!

お小遣いで楽勝ですもの!今年の夏からノースリーブいっぱい着ちゃお~っと!

 

まとめ

自己処理に良いことはありません。

私も何年間も自己処理で肌を痛めつけ、黒いポツポツのワキや足をみて、その度に悲しくなりました。

散々試した、ムダ毛処理博士(自称)は断言します。

どれが一番良い?と聞かれたら、迷わず「脱毛」!

肌に優しい方法は「脱毛」以外にありません!

しかも一番安く済ませられ、一時期頑張るだけで、一生ムダ毛から解放されます!!

おかげで今ではツルツル、スベスベ、お手入れいらず。

ムダ毛のせいで諦めていた夏の水着も、ノースリーブのお洋服も、ショートパンツも自信満々にぜ~んぶ着れる\(^-^)/。

彼氏とのスキンシップにもハラハラしなくて済むし、良いこと尽くめ!

・・・幸せ🍀

「抜いても剃ってもまたすぐ生えてくるっ!一生この作業しなくちゃいけないの~?」

と、嘆きながら、せっせとムダ毛処理にいそしんだあの頃が懐かしいほど。

もっと早く脱毛サロンに通っていれば良かった!とそこだけが後悔ポイントです。

「毛深い~」「ムダ毛ヤダー」「何とかしたいっ!」と悩んでいるなら、今すぐ脱毛サロンへ!

明るい未来が待ってますよ!

rattat  ポイントサイト用

コメント

コメントは停止中です。