ワキの脱毛完了までの回数の目安ってどれぐらい?

人目につきやすく、異性だけでなく同性の女子からも厳しくチェックされるわき毛は

自己処理が大変で、肌のダメージも少なくありません。

わき毛のせいで、かわいいノースリーブやビスチェも着るのに躊躇しますし、

楽しいはずの夏も、ちょっと憂鬱になってしまいます。

「夏が始まる前にワキだけでも脱毛しよう!」と、考えてはみたけれど

何回いけば良いの?

今から始めて間に合うの?

と、知らない事が多くて、なかなか決心できないのではないでしょうか?

%e3%83%af%e3%82%ad%e8%84%b1%e6%af%9b%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e3%81%aa

そんな悩める女子のために、ワキ脱毛が完了するまでの回数と期間の目安を探ってみました。

ワキ脱毛完了までかかる回数

濃さや、範囲など多少の個人差はありますが、一般的なワキの脱毛は

実感・・・3回~6回

完全脱毛・・・10回~15回

かかります。

その回数は期間にしてどれくらいなのでしょう?

換算しながら、詳しくみていきましょう。

実感できるまでの回数と期間

毛の量や質には個人差があるので、目安の期間も大きく幅があるのですが、ムダ毛が薄い人なら、2、3回通うだけでも「おぉ、ムダ毛が減った!」と実感できるようになります。

サロンでも医療クリニックでも、だいたい1回施術すると1〜2ヶ月の間を空けてから次の施術の予約を取るので、ムダ毛が薄い人でも4ヶ月〜半年はかかる計算です。

一般的に6回ほど通い、施術を受ければ、ムダ毛がかなり薄くなり、量が減った!と感じることが出来ます。

期間で言えば

ムダ毛が薄い人・・・4ヶ月~半年

ムダ毛が濃い又は太い人・・・半年~1年

となります。

この頃になれば生えてくる毛も目立たなくなり、お手入れもずいぶんと楽になりますよ!

完全に脱毛完了するまでの回数と時間

ムダ毛の一本も許せな〜いっ!ツルッツルのワキにしたい!という人は時間がかかることを覚悟しておかなけばなりません。

最後まで踏ん張り続ける数本のムダ毛まで無くすには、目安として10〜15回ほど。

期間にしたら3~4年と、なかなかの長丁場です。

毛質(太さ、硬さ、量)によっては、5年かかることもあります。

2、3回の施術で、見た目はずいぶんと毛が減って細くなります。

ですが、全く処理をせずに過ごせるようになるには数年かかることがわかりました。

どうして、それほど時間がかかるのでしょう?

実はそれには、ちゃんとした理由があります。

どうしてそんなに時間がかかるの?

行ってすぐに処理してもらえると思っていたワキ脱毛ですが、完全に脱毛となると、意外に時間がかかります。

その理由は

今生えている毛がすべてではない

ことにあります。

今見えている毛はワキ毛全体の30%にしかすぎません。

%e8%a6%8b%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af%ef%bc%93%ef%bc%90%ef%bc%85

ここで深く関わってくるのは「毛周期」です。

脱毛の話をする上で欠かせない毛周期とは?

毛の生えるしくみと脱毛の作用

について調べてみました。

毛には生える周期がある

人間の体毛には「毛周期(ヘアサイクル)」と呼ばれる毛の生まれ変わるサイクルがあります。

①毛が成長して皮膚の外側に伸びてくる「成長期」

毛根にある毛母細胞に毛乳頭細胞が取り込まれ皮膚内部に伸びたあと、外部に伸びる時期。

早期…まだ毛が見えてない

中期…毛先が見える

後期…毛が外まで伸びる

に分けられる。

②毛の成長が止まって毛が毛乳頭から離れる「退行期」

十分に育った髪は毛乳頭から離れ、成長が止まる。毛乳頭は委縮し始める。

③毛が自然と抜けるのを待っている状態の「休止期」

この時期に毛乳頭は皮膚の中へ潜っていき、新しい毛を生やす準備をする。

この3つを繰り返すことで、髪が生え、伸びていきます。

脱毛のしくみ

毛周期と脱毛の関わりで鍵となるのは「毛乳頭」です。

毛根の根本の膨らんだ部分(毛球)にある毛母細胞が細胞分裂して毛になりますが、その毛母細胞に栄養を送っているのが毛乳頭です。

毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に送ります。

今主流のサロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛のほとんどは、毛のメラニンに反応する光を使い、光が毛に吸収されることで生じる熱エネルギーで、この毛乳頭に熱ダメージを与え、タンパク質を熱凝固させて毛の成長を止め、脱毛します。

退行期や休止期はメラニンを含んでいる毛が毛乳頭から離れてしまっているので、光を当てても毛乳頭にダメージを与えられず効果がありません。

つまり、成長期にある毛でないと施術ができないのです。

次の毛が生えてくる、およそ2〜3か月に1回のペースで何度も繰り返し光を当てていくことで、その時成長期にある毛を順々に処理していきます。

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%81%a8%e6%af%9b%e4%b9%b3%e9%a0%ad

毛の成長は3段階にわかれていて、光脱毛やレーザー脱毛は「成長期」にあたる毛にしか効果がありません。

全ての毛乳頭を破壊(完全脱毛)するには、次に生えてくるのを待たないといけないから時間がかかるのですね!

サロンとクリニックどっちで脱毛したほうが良い?

サロンの光(フラッシュ)脱毛も、クリニックのレーザー脱毛も、どちらも毛乳頭のメラニンを破壊する方法なので、完全に脱毛状態になるには時間はかかります。

では、どちらの方がより効率よく、脱毛できるのでしょうか?

いくつかポイントを絞って、両者を比較してみましょう。

脱毛完了までの平均回数

脱毛を実感できる時期や完全脱毛できる時期とは別に、脱毛体験した人が、実際に「これにて脱毛完了としよう!」と感じる平均回数を調べてみました。

サロンの平均回数は12回、12回通って85 %の毛がなくなり、18回通って95%の毛がなくなる、と言われています。

 クリニックでは平均8回、となっていて、クリニックの方が回数は少なくて済みます。※毛の太さや量にも左右されるので、人によってはサロンと同じ回数を費やす場合もあります。

先の章でふれた通り、毛周期はおよそ2〜3か月で1サイクルとなりますが、体質や、生活環境、ホルモンバランスなどで周期がずれてしまうことあります。

毛周期ぴったりに合わせて施術できれば最短で脱毛が完了しますが、それは至難の業。

2〜3か月おきにその都度生えている毛を処理していくので、サロンは3年、クリニックでは2年かかることになります。

回数だけを考えると、クリニックの方がおススメです。

痛さ・肌へのダメージ

脱毛のしくみは同じなのに、クリニックとサロン、なぜ脱毛完了回数が違うのでしょうか?

それは使用する脱毛器が違うからです。

クリニックでは医療用レーザー脱毛器を使用できます。最大出力が60ジュールと高出力の機械です。

サロンは医療機器を使えないので業務用フラッシュ脱毛器を使用します。こちらは最大出力が20ジュール。

出力だけみれば、一度ではっきりと効果が出るのはサロンのフラッシュ脱毛器より最大出力の高い医療用レーザー脱毛器です。

高出力のレーザーはとても強力で、かなりの痛みも伴います。

脇の下の方や皮膚の薄い部位の施術では毎回飛び跳ねんばかりの鋭い痛みに、汗が噴き出るほど。

施術中は肌が火傷した状態になるので冷やしながら行います。

その点、サロンのフラッシュ脱毛はほとんど痛みがなく、お肌を傷めるどころか脱毛と同時に美肌効果まで考えられた一石二鳥のプランも用意されています。

痛さ・肌へのダメージを一番に考えるなら、サロンの光(フラッシュ)脱毛です。

1回の施術の効果

医療用レーザー脱毛器の1回の照射範囲は直径1〜1.5センチ。1回あたりの施術時間は5分が目安です。

対してサロンのフラッシュ脱毛器は1回あたり2〜3センチ程度を照射できる機器が多く、1回あたりの照射時間は3分です。

ワキに関しては両者とも大差はありません。

ところが、同時にひざ下や腕、背中など、ワキ以外の脱毛も考えているなら、話は別になります。

レーザーでは1回の照射場所が狭く、医療器具のため器械自体が高額なので、1か所づつ施術してきますが、フラッシュ脱毛器は広範囲照射が可能、しかも安価なためサロンではたくさんの器械を用意でき、ワキと同時進行で施術が可能です。

背中などの広い範囲のムダ毛も同時に処理したい場合、フラッシュ脱毛を利用した方が時間も節約できます。

jyosi

費用

料金のことだけをとれば、サロンの方が断然安く済ませることができます。

例をあげてみましょう。

人気NO.1のサロン、ミュゼでは

通常 両ワキ+Vライン(2400円)、

キャンペーンを利用したり、指定のコースを選択すれば、両ワキ+Vライン通い放題が0円~100円になることも!

ミュゼプラチナム

脱毛箇所がワキだけでなければ、費用が安いサロンは、渡辺直美ちゃんのCMでおなじみのコロリー。

ワキだけではなく、全身脱毛が月々¥990円という安さです!

4,980円コース

 

【クリニック】湘南美容外科

両ワキ 回数無制限              3400円

両ヒザ下 6回コース          81000円

両ヒジ下 6回コース          81000円

手足スッキリセット 6回 201280円

ワキの脱毛だけでもサロンの方がプラスαがありお得感が高めです。

クリニックのワキ脱毛も低価格ですが、施術範囲が大きくなる部位は料金もアップ↑してしまいます。

まとめ

完全脱毛とまでいかずとも、目的の時期に間に合わせるならば、今すぐに始めるに越したことはありません。

ワキの脱毛、回数だけを見れば、クリニックの医療用レーザー脱毛の方が早く終わらせることができますが、太く、硬い毛であれば、クリニックでもサロンと同じくらい時間がかかる場合もありますし、肌質によっては痛みが増す場合もあります。

「とりあえず、ワキだけでも」と考えている脱毛も、低料金ならばひざ下や腕、背中も併せてやってしまいたいのが乙女心。

先々のことも考えれば、痛さや肌へのダメージが少なく、そしてお財布にも優しいサロンの方がおススメです。

安く済ませれる分、費用を洋服や化粧品などへとまわすこともできますよ!

まずは無料カウンセリングを利用して、自分の毛質や肌質を見極めてもらい、それから決めてみませんか?

 

ワキ脱毛で毛が生えてくる間隔が明らかに遅くなった、量が減った、と、実感できればお手入れも楽に、気持ちも明るくなります。

もう薄着の季節に悩まされなくて済みますね!%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88

お肌ツルツルで夏を迎えましょう♡